展覧会情報

 

「描かれた生き物たち」

 

2020年7月9日~ 8月17日(月)

 

本展では、絵画の中に多くの動物画を描き残した橋本関雪や、日本画に留まらず抽象表現などの幅広い技法を取り入れて画題に挑んだ堂本印象ら、京都画壇を代表する画家たちの作品を中心に17点をご紹介します。

 

展示作品

花菖蒲 杉山寧
2 祝鯛 金島桂華
3 梅日和 西村五雲
4 新柳鶯    〃
5 秋渓遊猿之図   山元春挙
6 香魚    〃
7 猛虎の図 大橋翠石
8 虫籠(夏姿) 梶原緋佐子
9 清白 河股幸和
10 春光蕩々 堂本印象
11 丘の上    〃
12 霜猿 橋本関雪
13 春日路傍情    〃
14 夏暁    〃
15 酒井三良子
16 天馬翔く 鷹山宇一
17 闘牛 堂本印象

《花菖蒲》  

絹本着色 / 軸装 / 67cmx74cm

杉山寧(すぎやまやすし)

明治42年~平成5年(1909~1993)

《祝鯛》

絹本着色 / 軸装 / 67cmx72cm

金島桂華 (かなしまけいか) 

明治25年~昭和49年(1892~1974)

《梅日和》

昭和12(1937)年作

絹本着色 軸装 159cm×51cm

西村五雲(にしむらごうん) 

明治10年~昭和13年(1877~1938)

《新柳鶯》

紙本着色 / 軸装 / 71cmx89cm

西村五雲(にしむらごうん) 

明治10年~昭和13年(1877~1938)

《秋渓遊猿之図》

大正5(1916)年作

絹本着色 / 軸装 / 148cmx57cm

山元春挙(やまもとしゅんきょ) 

明治4年~昭和8年(1871~1933)

《香魚》

絹本着色 / 軸装 / 69cmx24cm

山元春挙(やまもとしゅんきょ)

明治4年~昭和8年(1871~1933)

 

《猛虎の図》

絹本着色 / 軸装 / 143cmx51cm

大橋翠石(おおはしすいせき) 

慶応元年~昭和20年(1865~1945)

《虫籠(夏姿)》

絹本着色 / 軸装 / 135cmx42cm

梶原緋佐子(かじわらひさこ) 

明治29年~昭和63年(1896~1988)

《清白》

紙本着色 / 額装/ 135cmx186cm

河股幸和(かわまたゆきかず)

昭和35年~(1960~  )

《春光蕩々》

絹本着色 / 軸装 / 76 cm×84cm

堂本印象(どうもといんしょう) 

明治24年~昭和50年(1891~1975)

《丘の上》

絹本着色 / 軸装 / 70cm×86cm

堂本印象(どうもといんしょう) 

明治24年~昭和50年(1891~1975)

《霜猿》

昭和10(1935)年頃作 絹本着色 / 軸装 / 59cm×66cm

橋本関雪(はしもとかんせつ)

明治16年~昭和20年(1883~1945)

《春日路傍情》

大正13(1924)年作 

絹本着色 / 軸装 / 73cmx86cm

橋本関雪(はしもとかんせつ)

明治16年~昭和20年(1883~1945)

《夏暁》

絹本着色 / 軸装 / 50cmx58cm

橋本関雪(はしもとかんせつ)

明治16年~昭和20年(1883~1945)

《漁》

紙本墨書 / 軸装 / 53cmx66cm

酒井三良子(さかいさんりょうし)

明治30年~昭和44年(1897~1969)

《天馬翔く》

キャンバス油彩 / 額装 / 63cmx52cm

鷹山宇一(たかやまういち)

明治41年~平成11年(1908~1999)

《闘牛》

陶額 / 38cmx52cm

堂本印象(どうもといんしょう)

明治24年~昭和50年(1891~1975)

スポット展示

 

木下美術館では多くの皆様にアートを楽しんで頂くためにみなさまの作品を無料で展示するコーナーを設けています。

 

OYAZIさん 2020年6月撮影
OYAZIさん 2020年6月撮影

 

 

今回のスポット展示は、比叡平2丁目にお住いのOYAZIこと、小野寺武さんの作品です。OYAZIさんは、写真、絵画、カラオケ、骨董の取集などの多様な趣味を持ち、多才に活動されてきました。

 

これまでのスポット展示では、水墨画やコスメアート、写真などを展示していただきましたが、今回は色鉛筆画を中心に、人物や動物たちを描いた作品をご覧いただければと思います。

 

日本リス/色鉛筆&コスメ
日本リス/色鉛筆&コスメ
Petit/水彩画
Petit/水彩画
橋本明治氏の写真の模写
橋本明治氏の写真の模写
女性/コスメアート
女性/コスメアート
京都グラフィティ・スナップ/コスメアート
京都グラフィティ・スナップ/コスメアート

展示風景

美術品との敷居を低くすることをコンセプトに、作品と観覧者の間にガラスなどの遮蔽物を設けない展示を行っております。

また、ゆっくりとくつろぎながら美術関連の書籍を見て無料のコーヒー等を楽しめるコーナーも用意しております。

 

※当館では、ご自由に展示作品のスケッチをしていただくことができます。各種団体様のお申込みをお待ちしております。

 

絵画教室について

 

2020年度の絵画教室の参加申込を受け付けております。

詳しくは、メールもしくはお問い合わせフォームまたはお電話にてご連絡をいただきますようお願い申し上げます。

 

木下美術館

520-0016 

滋賀県大津市比叡平2-28-21

TEL:077-575-1148