展覧会情報

 

 

「鳥獣花木の世界」

2021年6月24日 (木) ~ 8月2日 (月)

 

古来、絵画の中には数多くの“生き物たちの姿”が描かれてきました。日本画の世界に おいても、花鳥画をはじめ、自然風景や生活の一部として、動物や魚、昆虫などが多様な技法により表現されてきました。
本展では、多数の動物画を描き残した西村五雲、橋本関雪、堂本印象など、京都画壇を代表する画家たちの作品を中心に18点をご紹介します。

 展示作品

1 花菖蒲 杉山寧
2 祝鯛 金島桂華
3 新柳鶯 西村五雲
4 あさがお 秋野不矩
5 清白 河股幸和
6 霜猿 橋本関雪
7 森白甫
8 美人草 堂本印象
9 天馬翔く 鷹山宇一
10 春光蕩々 堂本印象
11 牡丹 宇田荻邨
12 夏暁 橋本関雪
13 金島桂華
14 竹内栖鳳
15 唐木槿 山本倉丘
16 橋本関雪
17 闘牛 堂本印象
18 猛虎之図 大橋翠石

花菖蒲

絹本着色 / 軸装 / 67cm×74cm
杉山寧(すぎやまやすし)
明治42年~平成5年(1909~1993)

祝鯛》 

絹本着色 / 額装 / 67cm×72cm

金島桂華(かなしまけいか)

明治25年~昭和49年(1892~1974)

 

新柳鶯

紙本着色 / 軸装 / 22cmx32cm

西村五雲(にしむらごうん)

 明治10年~昭和13年(1877~1938)

《あさがお》
絹本着色 / 軸装 / 50cm×57cm
梶原緋佐子(かじわらひさこ)
明治29年
昭和63年(1896~1988)

《清白》
紙本着色 / 額装 / 128cm×160cm
河股幸和(かわまたゆきかず)
昭和35年~ (1960~  )

《霜猿》
絹本着色 / 軸装 / 59cm×66cm
昭和10年(1935)頃
橋本関雪(はしもとかんせつ)
明治16年~昭和20年(1883~1945)

《鵜》
紙本着色 / 額装 / 60cm×70cm
森白甫(もりはくほ)
明治31年~昭和55年(1898~1980)

《美人草》
紙本着色 / 額装 / 32cm×41cm
堂本印象(どうもといんしょう)
明治24年~昭和50年(1891~1975)

《天馬翔く》
キャンバス油彩 / 額装 / 63cm×52cm
鷹山宇一(たかやまういち)
明治41年~平成11年(1908~1999)

《春光蕩々》
絹本着色 / 軸装 / 76cmx84cm
昭和初期作
堂本印象(どうもといんしょう)
明治24年~昭和50年(1891~1975)

《牡丹》
紙本着色 / 軸装 / 67cm×74cm
宇田荻邨(うだてきそん)
明治29年~昭和55年(1896~1980)

《夏暁》
絹本着色 / 軸装 / 50cm×58cm
橋本関雪(はしもとかんせつ)
明治16年~昭和20年(1883~1945)

《鶲》
紙本着色 / 軸装 / 色紙
金島桂華(かなしまけいか)
明治25年~昭和49年(1892~1974)

《鶴》
紙本淡彩 / 軸装 / 124 cm×46cm
竹内栖鳳(たけうちせいほう)
元治元年~昭和17年(1864~1942)

《唐木槿》
紙本着色 / 額装 / 44cm×54cm
山本倉丘(やまもとそうきゅう)
明治26年~平成5年(1893~1993)

《厩》
絹本着色 / 軸装 / 56cm×84cm
昭和16年(1941)作
橋本関雪(はしもとかんせつ)
明治16年~昭和20年(1883~1945)

《闘牛》
陶額 / 38 cm×52cm

堂本印象(どうもといんしょう)
明治24年~昭和50年(1891~1975)

《猛虎之図》
絹本着色 / 額装 / 143cm×51cm
大橋翠石(おおはしすいせき)
慶応元年~昭和20年(1865~1945)

 

スポット展示
東上豪さんの作品展です。

展示風景

美術品との敷居を低くすることをコンセプトに、作品と観覧者の間にガラスなどの遮蔽物を設けない展示を行っております。

また、ゆっくりとくつろぎながら美術関連の書籍を見て無料のコーヒー等を楽しめるコーナーも用意しております。

  

※コロナ対策として、セルフサービスでのコーヒー等の提供を中止させていただいております。ご希望の方はスタッフまでお声がけください。

 

※当面の間、団体利用の受付は停止させていただきます。ご了承ください。

 

 

 

絵画教室について

 

2021年度の絵画教室の参加申込を受け付けております。

詳しくは、メールもしくはお問い合わせフォームまたはお電話にてご連絡をいただきますようお願い申し上げます。

 

木下美術館

520-0016 

滋賀県大津市比叡平2-28-21

TEL:077-575-1148